花粉症のお話

花粉症とはどんな病気なのか、花粉症の対策はどんなことがあるのか?このページでご説明いたします。

花粉症とは?

花粉症とは?

草や木の花粉によって体に色々な不具合(症状)が引き起こされる事が広く知られるようになってきました。花粉によって引き起こされる症状としては、くしゃみ・鼻水・鼻づまりといった鼻の症状の他、目のかゆみ・充血・なみだなどの目の症状が代表的です。これらの代表的な症状の他にものどのかゆみ・咳・顔のほてり・湿疹や皮膚炎・消化不良・食欲不振などの症状があらわれる場合もあります。このように花粉によって何らかの症状を生じている状態を花粉症といいます。

花粉症の症状は、体が花粉に対してアレルギー反応を起こすことで生じます。

鼻に花粉が入ることでアレルギーを起こすと、くしゃみ・鼻水・鼻づまりをきたします。この状態をアレルギー性鼻炎または鼻アレルギーといいます。

同様に、目の結膜という部分に花粉のアレルギーが起こると、目のかゆみ、充血などをきたし、アレルギー性結膜炎といいます。日本には多くの種類の植物が生育していますが、その中で約60種類の花粉によって花粉症が起こる事が報告されています。花粉症を起こす代表的なものとして、春のスギやヒノキ、秋のブタクサの花粉があります。

特にスギの花粉はアレルギー反応を起こす力が強く、今や国民病と言われるほど多くの人を悩ませており、一般に花粉症と言えばスギ花粉症のことを指すほど有名になっています。

花粉症になってしまったら

花粉症になってしまったら

花粉症の対策にとしては、

(1)アレルギー反応を予防する
(2)アレルギー反応を起こしにくくする
(3)アレルギー反応を起こさないで済むように体質を改善する

の3種類に大別できます。

花粉症の対策は、アレルギー反応を予防するのが大原則になります。
体に花粉が侵入するからアレルギー反応を起こすので、体に花粉が侵入しない(付着しない)ように工夫が必要です。マスクやゴーグルで鼻と目をガードするほか、服や髪についた花粉を屋内に持ち込まないようにします。また、病院で処方されるくすりは飲み薬・鼻のスプレー・目薬いずれもアレルギーを起こしにくくするものです。アレルギーの症状が起こってから使用してもある程度の効果は見込めますが、本来は「症状の出る前から予防的に使用する」のが基本です。なので、花粉の飛散する少し前からくすりの使用を始める方がくすりの効果は発揮されやすいのです。そして、くすりは使用を止めてもしばらくは効果が持続するものが大半です。花粉の飛散期間中にくすりの使用を止めて、症状が出ないからといってそのまま中断すると症状が再び悪化する事もしばしばです。飲み薬や鼻のスプレーは、花粉の飛散が続く間は継続して使用する事が大切です。

 

蓄膿症との関係

蓄膿症との関係

副鼻腔炎のことを蓄膿症ともいいます。鼻の粘膜がアレルギーにより炎症を起こすことで副鼻腔に影響して副鼻腔炎(蓄膿症)を起こす場合があるほか、副鼻腔自体がアレルギーを起こして副鼻腔炎になる事もあるとされています。

汚い色の鼻水が出たり、頬や頭が重い・痛いなどの症状がある場合には、アレルギー性鼻炎だけでなく副鼻腔炎も起こしている可能性があります。この場合、アレルギー性鼻炎の治療だけでなく副鼻腔炎の治療も行う必要があるかもしれません。このような症状を感じたら耳鼻科での診断を受ける事をお勧めします。

Copyright © Shinjuku Tomisawa Ear, Nose and Throat Clinic All Rights Reserved.